オンライン英会話コース

クリック&スピークの使い方

Read this article in English: How to use Click & Speak .

今回ご紹介する「CLICK & SPEAK」は、22カ国語の中から「話し言葉」をマスターできる英語講座です。

英語で聞いたことをすべて理解するだけでなく、正しい発音で、ためらうことなく、流暢に話したいと思いませんか?このビデオでは、Mishaが、このコースがどのようなものか、また、英語で自分の言葉を見つけるためにどのように使うことができるかを紹介します。🥰

ここをクリックすると、英語コースの様子をご覧いただけます。

🌎 ビデオの設定をクリックして、字幕の言語を選択することを忘れないでください。

⏱️タイムコード
0:00 - イントロ
0:37 - ホームページ、コンテンツのカテゴリー
1:25 - モノローグ
5:34 - ダイアローグ
10:08 - 文法インデックス
11:45 - クリック&スピークがあなたの英語学習をサポートする方法





📝フルトランスクリプト

こんにちは、ミーシャです。このビデオでは、英語でのコミュニケーションをより良くするためのコースClick & Speak の使い方をご紹介したいと思います。このコースでは、英語の聞き取り能力を向上させることで、ネイティブスピーカーが自然なスピードで話すのを理解したり、映画やテレビ番組を字幕なしで理解したりすることができます。また、このコースでは、英語で自分の言葉を見つけることにも重点を置いています。つまり、正しい発音とアクセントで、自分自身をよりよく表現することを学ぶということです。さて、これはClick & Speak のホームページですが、最初にすることはログインです。ホームページはこのようになっています。ご覧の通り、コンテンツにはいくつかのカテゴリーがあります。

最初のカテゴリーはモノローグで、語彙、文法、発音を鍛えるための簡単な文章を、知的で段階的な方法で使うことができます。2つ目はダイアローグです。ダイアログでは、日常生活の中での簡単な会話があり、サンプルとして使用することで、特定の状況でどのような単語や表現が使用されているかを知ることができ、そのような状況に備えることができます。そして、文法のコンテンツもあります。文法の内容では、さまざまな文法構造を文脈の中でどのように使うかを学ぶことができます。それではまず、モノローグがどのようなものなのか、そしてリスニング、理解力、発音を向上させるためにどのように使うことができるのかをご紹介します。

スピーカー2:I'd like to say thank you.
ミーシャです。 早速、ネイティブスピーカーが発音した英語の文章を聞いてみましょう。文章をクリックすると、何度でも聞くことができます。
スピーカー2:I'd like to say thank you. I'd like to say thank you. I'd like to say thank you.
ミーシャです



分かりました。では、この発音と文を少し分析してみましょう。ここです。各単語をクリックすると、その単語だけの発音を聞くことができるので、必要に応じて特定の単語の発音を練習することができます。
Speaker 2:Thank.
Misha:Thank.
Speaker 2:Thank.
Misha:Thank.
Speaker 2:Thank.
Misha:Thank. ここでは、それぞれの音が異なる色で表現され





ています。





そうですね。見ての通り、例文はAmerican IPA chart の例文と同じです。文脈の中で、それぞれの音をどのように発音するかを学ぶことができます。イントネーションカーブは、ネイティブスピーカーのイントネーションがどのように変化するかを示しています。前のビデオで見たように、英語のイントネーションは平らではありません。このようになっています。ですから、ネイティブスピーカーの発音やイントネーションを真似するためには、イントネーションを視覚的に表現することが非常に有効です。考え方としては、主に音声を聞いて、ネイティブスピーカーの後にリピートして、その発音やイントネーションを真似してみることです。








Speaker 2:I'd like to say thank you.
Misha:I'd like to say thank you.
Speaker 2:I'd like to say thank you.
Misha:I'd like to say thank you. 文章を理解するのが難しい場合は、カードをめくると、母国語での翻訳が表示


されています。


ここではスペイン語の翻訳が表示されていますが、Click & Speak は現在、他の多くの言語で利用できます。ですから、コースの各文章を理解するために、自分の母国語を選ぶことができるのです。次の文章に進みましょう。


スピーカー2:Would you like to drive?
ミーシャ:Would you like to drive? わかり
ました。
話者2:
Would you like to drive?
ミーシャ:Would you like to drive? ここで面白いのは、彼のイントネーションです。
話者2:Would you like to drive?
ミーシャ:Would you like to drive? わかりました







このイントネーションカーブのおかげで、イントネーションがどのように変化するかを見ることができます。Would you like to drive? 同じように、それぞれの単語をクリックすると、個別に発音を聞くことができるので、その特定の単語の発音を練習することができます。例えば、wouldです。
Speaker 2:Would.
Misha:Would.
Speaker 2: Would.
Misha:Would.
Speaker 2:Would.
Misha:Would.
Speaker 2:Drive.
Misha:Drive.
Speaker 2:Drive.
Misha:Drive. 実際の文章を繰り返し聞くことができるので、その特定の文章を発音することで、発音やアクセントを練習することができます。
Speaker 2:Would you like to drive?
Misha:Would you like to drive?
Speaker 2:Would you like to drive?
Misha:Would you like to drive? また、カードをめくることで、その文章の翻訳を見ることができ













ます。




Speaker 2:We would like to build our own house.
Misha:We would like to build our own house.
Speaker 2:We would like to build our own house.
Misha:We would like to build our own house. このように、7,000以上のモノローグや簡単な文章があるので、英語でよく使われる上位5,000の単語を、音声付きで文脈に沿って学ぶ


ことができます。


そのため、発音の仕方や話し言葉での理解の仕方も学ぶことができます。また、文法構造も文脈を通して吸収することができます。


次に、2つ目のコンテンツとして、ダイアログをご紹介します。これは簡単な会話で、英語での日常生活、自分を表現する方法、日常生活のさまざまな場面で耳にしたり、使いたいと思う言葉や表現を探求することができます。365のダイアログが用意されていて、トピックごとに分類されています。ご覧のように、最初のものは海外旅行での会話です。ネイティブスピーカーとの出会い、グループミーティングでの自己紹介、誰かとおしゃべりして友達になる、などなどです。365のダイアログがあるので、1日1つのダイアログを1年間続けていくことになります。1日に1つのダイアログに取り組むことをお勧めします。そうすることで、今取り組んでいる同じモノローグを会話の文脈の中で見ることができ、物事を定着させるのに役立ちます。ダイアログは、明るく、面白く、興味深い、自然なものです。アメリカのネイティブスピーカーが録音したもので、まるでシットコムのようなサウンドです。だから、あなたの注意を引くことができます。

もし、あなたが特定の状況で英語を使うことがわかっているなら、事前に準備をするために、ダイアログの1つを聞いて分析してみてはいかがでしょうか。例えば、ネイティブスピーカーや一般的な英語話者に会うことが決まっていて、彼らと友達になりたいとします。メニューの中からそのトピックを見つけて、探ってみましょう。そこで、まず「すべてを再生」をクリックして、ダイアログ全体を聞いてみましょう。

Speaker 1:Imagine you're chatting and making friends with someone.
Speaker 2:Hey, what kind of music do you like?
Speaker 1:Oh, you know, I listen to all kinds of music.
Speaker 2:All kinds, hey?
Speaker 1:Yes, really.
Speaker 2:Do you listen to Britney Spears?
Speaker 1:No, I don't listen to Britney.
Speaker 2:Never?
Speaker 1:Never. Do you?
Speaker 2:Yes, I do.
Speaker 1:Are you kidding me?
Speaker 2:No, I'm serious. I listen to her all the time.
Speaker 1:Really?
Speaker 2:Really.
Speaker 1:I don't believe you. You're kidding.
Speaker 2:





























Oops, I did it again.














ミーシャです。 わかりました。ご覧のように、ダイアログは実際に面白いですよね。これは、アメリカや英語圏で人気のある映画や音楽などのポップカルチャーを参照しながら、英語でどのようにスモールトークをするかのアイデアです。ダイアログを聞いた後は、モノローグと同じように、それぞれのセンテンスを個別に練習することができます。特に一文に取り組みたい場合は、その一文をクリックして、個別に発音を聞くことができます。

スピーカー2:Hey, what kind of music do you like?
ミーシャ。 この小さなメモをクリックすると、音声データを見ることができます。また、モノローグと同じように、文章に取り組むことができます。
スピーカー2: Hey, what kind of music do you like
?
ねえ、どんな音楽が好き?
ミーシャ。
話者2:Hey.
Misha:Hey.
話者2:Hey.
Misha:Hey.
話者2:What.
Misha:What.
話者2:Kind.
Misha:Kind.
話者2:Of.
Misha:Of.
話者2:Music.
Misha:Music. ここで面白いのは、単語のストレスもある











ということです。











複数の音節がある単語では、明らかにそのうちの1つが強調されなければなりません。
話者 2:Music.
ミーシャ:Music.
話者 2:Music.
ミーシャ:Music. このように、すべての文章を続けることができます。
話者 2:Oh, you know, I listen to all kinds of music.
ミーシャ:Oh, you know, I listen to all kinds of music. また、ダイアログ全体を自分の言語に翻訳して見ることもできますので、何が起こっているのかをよく理解することができ





ます。





先に述べたように、このようなダイアログが365個ありますので、日常的な場面での英語での表現方法を学ぶために利用することができます。




















コンテンツの3つ目のカテゴリーは、文法インデックスです。そしてこれは、文脈の中で必要となるさまざまな文法構造を探るのに最適な方法です。さて、このような感じです。特定のレベルの文法に取り組むことができます。例えば、あなたが現在A2レベルで、次のレベルに到達するために必要なすべての文法構造を学びたいとします。そこで、「A2」をクリックします。すると、A2レベルに到達するために必要な文法構造が表示されます。A2レベルに到達するためには、英語でアドバイスをする方法を知っておく必要があります。このカテゴリーをクリックすると、いくつかの例を見ることができます。

You should see a doctor. You should ask someone. You should take that job. We could ask your mom. We could always Google it. You could start with this book 、などです。つまり、アドバイスをするということですね。例えば、所有代名詞の練習をしたいとしましょう。Whose phone is this? Is it yours? Yes, that's mine. No, it's not mine. I think it's, Lauren's. 文脈の中で文法に取り組むことは、ルールを学んだり、文脈なしに動詞を活用したりするよりも、同化して仕組みを理解するのにとても良い方法です。

これは、Click & Speak の使い方を説明した短いビデオチュートリアルです。前述したように、このコースは巨大です。7,000以上のモノローグ(短文)と365のダイアローグ(簡単な会話)が含まれており、日常的な英語の表現力と理解力を鍛えることができます。また、自分のペースで学習できるのも魅力のひとつです。1日20分程度の方もいれば、時間に余裕のある方や柔軟性のある方は、1年間で1日3時間程度の英語学習をされる方もいらっしゃいます。

Click & Speak のコースを終了すると、英語で最もよく使われる5,000語をすべて学習したことになり、英語の96%を理解して使用できるようになります。また、自分自身を英語で表現するために必要な86の文法構造を習得していることでしょう。つまり、すべてを理解し、理解できない単語は文脈から推測できるようになるのです。そして、自分自身を流暢に表現できるようになります。たとえ知らない単語があっても、自分の言いたいことを説明するのに十分な単語を持っているでしょう。そして、英語圏で仕事をしたり、勉強したり、生活したり、やりたいことをすべて英語でできるようになるでしょう。ご覧いただきありがとうございました。そして、あなたがClick & Speak を使う姿をすぐに見られることを願っています。

Profile picture for Dimitar Dimitrov

Dimitar Dimitrov

Author

Machine Translation

Translated from the English

Last modified: November 2, 2021, 6:54 pm